新着情報

松原伸生 藍形染展示販売会

クラブ ヘレンド ジャパン本店限定

松原伸生藍形染展示販売会2021
(上) 長板中形着尺 『椿文裏変わり』
(下) 藍形染紬帯 『梔子文』


松原伸生 藍形染展示販売会

江戸時代に始まり、江戸の粋と伝統文化を伝える「藍形染・長板中形」の新作展示会を開催いたします。
複雑で繊細な文様と共に、深い藍の味わいを今に伝える技術と芸術性は、松原伸生氏ならではの美しさ。
夏の涼やかな風を思わせる藍形染めの優雅さを是非ご堪能ください。

日時:7月17日(土) → 7月31日(土)
日祝定休、 最終日は、18時まで

スペシャルオーダー受注会

日本伝統工芸の世界で数々の賞を獲得、藍の美を紡ぎ続ける松原伸生氏。
伝統からモダンな柄まで様々な型紙を用意し、直接相談しながら柄を選んで反物の製作を承る<反物スペシャル受注会>を開催いたします。

日程:7月17日(土)、7月31日(土)
時間:各日 13時~、14時半~、16時~
場所:クラブ ヘレンド ジャパン本店

完全予約制となりますので、上記よりご希望の日にち・時間をショップまでご連絡くださいませ。
各時間帯につき、1組のみとなります。(先着順)
当日はマスクをご着用の上、ご来店ください。
やむを得ず臨時休業・イベントの中止となる場合がございます。
上記以外の日程をご希望の場合は、お電話(03-3475-0877)にてご相談ください。




松原伸生先生

松原伸生 まつばらのぶお

令和3年紫綬褒章を受章されました。

1965年東京生まれ。祖父は人間国宝の松原定吉氏、父松原利男氏に長板中形・藍形染を師事。
2009年 日本伝統工芸展で新人賞受賞、2014 年第61 回日本伝統工芸展にて最高賞の高松宮記念賞を受賞。
2015年日本伝統工芸染織展 日本経済新聞社賞受賞。2018年 第38回伝統文化ポーラ賞優秀賞受賞。
現在各地で個展・展示会で活躍中、日本工芸会正会員。千葉県指定無形文化財保持者。



モーゼル × ヘレンド

クラブ ヘレンド ジャパン本店

この度、クラブ ヘレンド ジャパン本店にハンガリーの「ヘレンド」に加え、チェコ共和国のガラスブランド「MOSER モーゼル」が正式に仲間入りしました。

ガラスの可能性に挑み続ける最高峰のガラスブランド モーゼルと、同じ手仕事にこだわり続けるヘレンドとが織り成すハーモニーをお楽しみ下さい。



MOSER2021

MOSERロゴ

MOSER モーゼル

1857年、ヨーロッパを代表する温泉保養地 チェコ共和国のカルロヴィ・バリに誕生。
160年以上もの長い年月が経った今でも、全ての工程を積み重ねてきた熟練の手仕事にこだわり続ける、まさに職人集団
様々な時代、芸術や文化に刺激を受け、エングレーヴィング、貴石カラーやファセットカットなどモーゼルならではの匠の技が生まれ、磨かれ、そして多彩な輝きへと変化させてきました。
今なお、多くの現代アーティストとの刺激を通じて、天然素材の透き通るような透明感、大胆で洗練されたカッティング、精緻で優美なエングレーヴィングが進化と融合を重ね、比類なきモーゼルガラスの世界を繰り広げる。
ボヘミアで生まれたガラス作りの伝統技術とハンディクラフトの精神を礎にした芸術性を、今日まで職人の手を通して紡ぎながら、未来へと発展させている稀有なガラス工房。

詳しくは、http://moser.jp/



干支小筐2021 うし

ロスチャイルド・バード・ゴールドスケール

ページトップへ