eShop Select
ヘレンドの
ひな祭り


eShop Select

ヘレンドのひな祭り

3月3日は『桃の節句』。
『桃の節句』のお祝いにヘレンドの雛人形を飾ってみませんか。





◇桃の節句について◆

「桃の節句」は、正しくは「上巳(じょうし、じょうみ)」の節句」といいます。

上巳とは3月の最初の巳(み)の日のことを指していましたが、のちに3月3日に定まりました。
「桃の節句」と呼ばれるようになったのは、旧暦の3月3日の頃に桃の花が咲くことや、桃は魔除けの効果を持つとされてきたからともいわれています。


古来より行われていた草木、紙や藁で作った素朴な人形(ひとがた)に自分の厄災を移す習わしと、貴族階級の子女の間で始まった「ひいな遊び」という人形遊びが結びつき、海や川に人形(にんぎょう)を流してお祓いをする「流し雛」の習慣となりました。


やがて、江戸時代に上巳の節句が五節句のひとつに定められると、5月5日が男の子の節句であるのに対し、3月3日は女の子の節句となり、桃や雛人形を用いることから、「桃の節句」「ひな祭り」と呼ばれて定着していったそうです。

雛人形には、娘の厄を引き受ける役目があるため、災いがふりかからず、美しく成長して幸せな人生を送れるようにという願いが込められているそうです。





ヘレンドでは桃の節句を祝う「ひな人形」を3種類ご用意しています。


●立雛(たちびな)




平安時代から行われていた「流し雛」が雛人形のルーツとされており、一番古くから作られていた雛人形は立ち姿であったといわれています。
一般的なイメージのある座り姿の雛人形は、江戸時代頃から作られたともいわれています。
立雛は「男雛」「女雛」だけのシンプルな作りが一般的です。そのため、お部屋を選ばず飾っていただけます。




すっとした立ち姿には、ヘレンドの優美な絵付けが施されており、絵柄の美しさも楽しんでいただけます。


●貝雛(かいびな)



はまぐりを模った貝の中にちょこんと座った小さなお雛様。

はまぐりはひな祭りの時にたべる最もポピュラーな行事食です。
二枚貝であるはまぐりは、もともと対になっている貝とはぴったり合いますが、別々の貝を2枚あわせても合わずすき間ができてしまいます。
このことから、他の貝殻とは合わない=一人の伴侶と末永く暮らすと言うような、仲の良い夫婦の象徴とされてきました。

別の貝とははまらないはまぐりの特徴を生かした「貝合わせ」と呼ばれる遊びがあります。
平安時代から親しまれ、貝の内側に金箔をはったり美しい絵を描いたりして楽しんでいたそうです。 また、江戸時代以降は、公家や大名家の嫁入り道具の一つともされてきました。

このような理由から、女の子のお祭りである「ひな祭り」にはまぐりが珍重されてきたといわれています。

そんな貝合わせと雛人形を組み合わせて、ヘレンドは磁器で作ったはまぐりの中に、ほんわかした表情のお雛様がちょこんと座る姿が愛らしい「貝雛」に仕立てました。
手のひらですっぽり包めるサイズの貝雛は、場所をとらず飾っていただけるかわいらしいサイズのお雛様。


それぞれのパーツが取り外しが出来、専用箱に入っているので出す時もしまう時も手間がかかりません。



マンションにお住まいで大きなお雛様は飾れない…という方にもぴったりです。


●雛小筺(ひなこばこ)



ヘレンドのお雛様の中で最も小さなサイズのお雛様。
ボンボニエールに、かわいらしいお雛様が肩を寄せ合うように並んでいます。
かわいらしいひなあられを入れて楽しんでみてはいかがでしょうか。


ひなあられが食べられるようになったのは、江戸時代の行事が由来といわれています。

「雛の国見せ」という部屋に飾られている雛人形を野外に連れ出して、春の景色を見せてあげるという風習があり、その際に菱餅を屋外でも食べられるようにと砕いて持っていったのが、ひなあられの始まりとされています。

ひなあられは3色から4色のものが多く、その色は自然の力や四季を表しており、女の子が「健やかに成長しますように」の願いが込められています。


かわいらしいひなあられをセットにしてプレゼントしてみるのもオススメです。




生活スタイルや、お子様のイメージに合わせてお好みの雛人形をお選びいただけます。
初節句のお祝いに、また自分用に買う「マイ雛人形」として。
お好きなスタイルのヘレンドの雛人形を飾って、桃の節句をお楽しみください。


表示切替:
10件中1件~10件を表示
10件中1件~10件を表示

ページトップへ